アフィリエイトは効率の悪い、ビジネスだが年金的な収入も

アフィリエイトは、実はとても労力を使うビジネスだと思います。

といっても、メールマガジンやステップメールで、お金を使って集めたリストに流して、情報商品をアフィリエイトするというようなアフィリエイトではなく、

サイトを作ってアフィリエイトをするという方法でのことです。

まあ、副収入的に、こつこつと何年もサイトを作り続けていく在宅副業レベルの話でいえば、すぐに結果を求めなければ可能なのかもしれませんが・・・

レンタルサーバを借り、ドメインを取得して、SEO対策をしていくとなると、とても大変な作業で、一人でやれば結果を出すまでに何年もかかるでしょう。

つまりとても効率の悪い在宅仕事です。

ですからアフィリエイトで独立開業するとなればもっと大変なことになります。

ただし、ある程度までいくと、掘っておいても広告収入が毎月ある程度見込めるようになりますので、年金的な収入源になるということもあるので、はじめから長く続ける気があれば、消して無駄にはならないものだと思います。

ネットビジネスと資格取得の融合

ネットビジネスだからといって、アフィリエイトや情報起業、オンラインショップばかりがビジネスではありません。

 

ネットビジネス起業ではもっと独創的な、競合の少ない、新しいビジネスに挑戦した方が得策だと思います。

 

たとえば、ネットの通信手段を利用して、コンサルティングや、登記など、ネットで仕事を受注するだけでなく、業務も納品、またはサービスしてしまう方法を考えることです。

 

こんごは、インターネットで仕事を受けて出来るビジネスが、官公庁のオンラインか、登記や申請の電子申請化で、増えてくると思います。

 

つまり自宅開業できますし、そのような登記や申請、そしてコンサルティング業などには資格取得も生きてくると思いますので、副業にも独立開業にもいいと思います。

 

資格取得でネットビジネスで独立する事も今後はどんどん増えてくるのではないかと予想しています。

 

国家資格などでもネットビジネスに生かせる資格取得を考えてみてはどうでしょうか?

このページの先頭へ戻る