情報販売はいつまで続く?

もはや、個人で情報商品を作ってバンバン売れるという時代はとうに過ぎた気がします。

それでも、まだまだ情報起業で儲かる稼げる系の、情報ビジネスを展開しているところはありますし・・・

情報商品もたくさん出回っています。

自分のネタを売るレベルではなくなって、その分野の専門家を口説いて、情報商品を作って販売するという手法で今では、美容、健康など色々な悩みやコンプレックス、

またスポーツの上達、ゴルフやテニスなど、多岐に渡っています。

著名人を登場させたり、資格者、職業の人を登場させたりして、より信憑性を出さないと売れない時代ですから、なかなか個人が、簡単に情報商品を売れるような時代ではありませんし・・・

悪徳業者が色々と手を組んで、ASP自体もかなり詐欺的なものを販売しているところも指摘されています。

儲かる故に、詐欺商法は、いつまでもなくならないでしょう。

特に即金情報の商品は、つきづぎと手を買え品をかえつくられていて、被害に遭う人も立ちません。

どうしても、即金、というものに「これは、本物じゃないのか」とだまされてしまう人はいるもので、永遠に泣くならなそうです。

そんな情報商品の世界で、起業して稼ぐ、独立開業を目指すというのはどうなのかなと私は考えます。

また、詐欺商品をアフィリエイトしてしまう、罪の意識のなさもちょっと心配です。

情報商品に関わる人達は、どうしても、自分が儲かればいい、他人がいくら損しようとどうでもいいてきな感じがして、どうなのかなとおもう今日この頃です。

このページの先頭へ戻る