独立開業できるかどうかは結局行動力

独立開業は、けして簡単には成功はできないものですが・・・

でも、思い切って行動しなければ、失敗もないかわり、成功もありえません。

思い切った行動ができるのは、やはり若手時、扶養家族のないときの方がいいと思います。

その場合、どうしても開業資金がないから、貯めてから・・・とか

もっと社会経験を積んでから・・・とか

顧客や人脈を作ったから・・・とか、結局先延ばしにする言い訳ばかりをしてしまい。

気づいたら、子供もいる世代になって、失敗が許されない状況に追い込まれます。

そして子供が巣立ったからということになり・・・

結局リタイアするまで独立開業はできずじまい。

それはそれで、別に不幸な事ではありませんし、退職後の独立開業してもいいわけですが・・・・

これからの日本では、定年まで勤められるとは限りません。

いつリストラや非正規社員になるかもしれませんし、倒産だってありえます。

海外に出ていかない企業は、倒産の可能性も大きくなりつつありますしね。

ですから、独立開業を成功させる一番の特効薬は、行動力だと思います。

何度失敗しても再起できる程度のリスクで、なるべく資金をかけないでスタートする事が重要です。

このページの先頭へ戻る